0
Shares
Pinterest Google+

1. アニメーションワークショップがアンデス地方を対象にしたインキュベーションプログラム「ANDIMATION」を創設

WN059

「ANDIMATION」は、デンマークにあるアニメーション教育機関The Animation Workshopがプログラムをデザインし、ボリビアのSimón I. Patiño Foundation of Geneva、ボリビアのデンマーク大使館、ベネズエラで開催予定の第1回アンデス地方国際アニメーショントレーニングワークショップ (TIFA) のサポートにより開催される。

本ワークショップは、デンマークのヴィボー市で、2ヶ月間のインキュベーションプログラムが行われ、南米の5カ国 (ボリビア、コロンビア、エクアドル、ペルー、ベネズエラ) から15人が参加。参加者は、監督、プロデューサー、脚本家、コンセプトアーティストなどアニメーション業界出身となる。

15名の参加者は、3名ずつ5つのチームに分かれ、テレビ向けのアニメーションシリーズを企画立案する。12月にベネズエラで開催されるTIFAで企画のピッチを行い、選ばれたチームは、1月から5月にかけてボリビアでパイロットエピソードを制作する。

なお、本「ANDIMATION」プログラムは、アンデス地方のアニメーション業界の活性化の足掛かりとなることを目指している。

ウェブサイト: http://www.andimation.dk/

2. 第40回CINANIMAが募集を開始

WN060

国際アニメーションフェスティバルCINANIMAが応募作品の募集を開始した。今年は40周年記念のフェスティバルになり、11月7日から13日までポルトガルのEspinhoで開催される。

応募可能な作品は、今までに本フェスティバルで選出されたことが無く、2015年1月1日の時点で完成している作品となる。応募の締め切りは2016年7月10日。応募ルール、技術的仕様、応募フォーム、その他インフォーメーションは下記アドレスで確認できる。

ウェブサイト: http://cinanima.pt/en/.

3. animago AWARD 2016へのエントリー期限が7月19日に

WN061

2016年10月27、28日にドイツのミュンヘンにて開催される the animago AWARD & CONFERENCEにて表彰されるanimago Awardへのエントリーの締め切りが7月19日まで延長されたことが発表された。animago AWARDは3Dのアニメーションと画像、ビジュアルエフェクト、そして視覚化の分野を牽引している賞で、2015年には58ヶ国から1008作品のエントリーを受け付けた。参加費は無料。デジタルメディアのプロダクト全ての分野の業界人と期待の若手が作品を提出し、専門家である審査員による審査対象となる。審査員によって全ての応募作品が丁寧に適切なカテゴリーへと審査される。そして、カテゴリー毎に3つの卓越した作品がノミネートされ、最優秀作品が賞とanimagoトロフィーを手にする。

ウェブサイト: http://www.animago.com/en/

Previous post

「Waiting for the Butterflies」

Next post

「Moustique, Cigale & Cambriole」