0
Shares
Pinterest Google+

1.「ズートピア」世界興行収入10億ドル突破

Deadlineと複数の情報ソースよると、ディズニーの「ズートピア」の世界興行収入が10億ドルを突破したとのことです。「ズートピア」は世界興行収入10億ドルを突破した4作品目のアニメーション映画になります。また、Deadlineによると、海外公開17週目に日本で約3億2千万円の興収があり、 日本の興収の継続的伸びが世界興行収入に大きく貢献しているとのことです。

Sources:

http://deadline.com/2016/06/zootopia-passes-one-billion-worldwide-box-office-disney-1201767542/

http://www.usatoday.com/story/life/movies/2016/06/05/zootopia-directors-passing-1-billion-we-hope-theres-cake/85447434/

2. 仏スタジオTeamToが中国オフィスを開設

Variety誌によると、パリとロサンゼルスに拠点を置くCGIスタジオTeamTOが、北京に新しくオフィスを開設すると発表しました。北京オフィスのトップには、元サウンドエディターで、アメリカとヨローッパの映画配給の役員を務めたShu Ye氏を迎えます。今回の動きは、Ubisoft Motion Pictures社のテレビシリーズ「Rabbids Invastion」やディズニーの「Sofia The First」の制作を請け負うTeamToの成長戦略の一部です。

Source: http://variety.com/2016/film/global/frances-teamto-opens-an-office-in-china-1201786532/

3. サイゲームスが背景美術スタジオ草薙を子会社化

ゲームの企画・開発・運営事業を展開する株式会社サイゲームスは、2Dと3Dのアニメーションやゲームの背景美術およびデザインを専門に行う株式会社草薙がサイゲームスの子会社となったことを発表しました。草薙は、背景美術に特化したスタジオとして、「機動戦士ガンダム00」、「カーボーイビバップ」、「ファイナルファンタジーシリーズ」など、多くのアニメーションやゲームの有名タイトルで背景制作を担当してきています。

Press release (Japanese): https://www.cygames.co.jp/press/press-15400/

4. SLR Productionsが、豪サンクチュアリ・コーブ国際映画祭のアニメーション部門のスポンサーに

11月12日から11月16日までオーストラリアのゴールドコーストで開催される、サンクチュアリ・コーブ国際映画祭 (Sacntuary Cove International Film Festival) が、全部門にて作品の公募を開始しました。本年度のアニメーション部門は、SLR Productionの代表Suzanne Ryan氏がスポンサーとなり、1000ドルの賞金 (600ドルが最優秀者、400ドルが優秀賞) が用意されています。SLR Productionは、「Guess How Much I Love You」、「Skinner Boys – Guardians of the Lost Secrets」、「Lexie and Lottie」、「I Got a Rocket™」などのアニメーション作品で世界に知られています。

詳細は、以下のサイトから確認できます。

sanctuaryfilmfestival.com.

Skinner Boys – Guardians of the Lost Secrets: http://skinnerboys.zdfe-b2b.de/index.php

Previous post

アヌシー2016:「フランスアニメーション:ミラー効果」の見所

Next post

第40回アヌシー国際アニメーション映画祭: 2016年受賞作品