1
Shares
Pinterest Google+

1. MIPCOM 2016が日本特集を決定

Japan_country_of_honour_MIPCOM_2016

Reed MIDEMは、10月17から20日までフランスのカンヌで開催されるコンテンツ展示会イベントMIPCOM 2016の名誉国プログラムが日本に決定したことを発表しました (2015年はトルコ)。本プログラムは、総務省と共同運営にて4K放送と日本のアニメーションが特集される予定です。日本のアニメーションは2017年に100周年を迎え、そして、現在、日本から輸出しているテレビ番組の62%がアニメーションとなっています。MIPCOM 2016年では、日本のアニメーションの歴史や最新のアニメーション番組を発表予定です。

Press release: http://pressroom.miptv.com/press-release-en-2016/japan-named-mipcom-2016-country-of-honour-0405-5137

2. クランチロールとKADOKAWAが戦略的提携

北米を中心に日本のアニメーションをオンラインで世界配信しているクランチロール社が、KADOKAWAのアニメーションタイトルを専属的に配信できる権利を取得しました。この提携には、将来的にKADOKAWAが制作するアニメーションへ、クランチロール社が共同出資や宣伝協力を行うことも含まれています。また、本提携は、Yen Press社 (アメリカのアシェット出版社グループの一部門で、ライトノベルや漫画を北米で出版) との業務提携に続くもので、一連の業務提携によってKADOKAWAの北米ビジネスが加速することが見込まれます。

3. Mattel CreationsがMIPTVで2つの新プロジェクトを発表

Animation MagazineとAnimation World Networkによると、Mattel Creationsが、カンヌで開催されたMIPTVで、2つの新作を発表しました。まず、今夏に劇場公開予定のCGアニメーション「きかんしゃトーマスとなかまたち-The Great Race」の予告編が初公開され、また、2017年公開予定の劇場映画「Fireman Sam」の制作が発表されました。Mattel CreationsはMattel Inc.の制作部門で、劇場、テレビ、デジタルコンテンツを担当しています。

Source:

http://www.animationmagazine.net/features/mattel-creations-trailers-new-thomas-friends-movie-at-miptv/

http://www.awn.com/news/mattel-creations-announces-fireman-sam-television-special

Previous post

「Spirit Seeker」

Next post

アヌシー2016: マスタークラスなどの見所