0
Shares
Pinterest Google+

1. Folivari、WINDS、Cyber Group Studiosが「Meino and the Children of the World」を共同制作へ

WN055

フランスを拠点とするFolivari、Winds、Cyber Group Studiosは、アニメーションと実写をミックスしたシリーズ作品「Menino and the Children of the World」を共同制作することを発表。 Folivari のDidier Brunner氏(「老婦人とハト」、「ベルヴィル・ランデブー」、「ブレンダンとケルズの秘密」、「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」などをプロデュース )が制作し、全52話 (各7分) の4 – 7歳向け作品となる。本シリーズは、各エピソードで、中国の西域の遠く離れた山岳地域の伝統料理や、ケニアのサバンナ、インド洋でのカヌー釣りなどを体験していく少年Menino (アニメーションで描かれる) の冒険を追っていく。なお、 2014年度にドキュメンタリー部門でセザール賞を受賞した「世界の果ての通学路」と、2016年アカデミー賞にノミネートされ、アヌシー映画祭などで複数の賞を受賞した Alé Abreu監督のアニメーション映画「The Boy and The World」の2つの映画のコンセプトをまとめた1つのプログラムの制作が、本シリーズのコンセプトとなっている。

2. オーストラリアのベストセラー「Alice-Miranda」がアニメーションに

WN056

SLR Productionsは、オーストラリアのベストセラーで複数の賞を受賞しているJacqueline Harvey氏執筆の児童書シリーズ「Alice-Miranda」のアニメーション制作を開始した。「Alice-Miranda」シリーズのオーストラリア国内での売り上げは65万部に達し、イギリス、北米、インドネシア、トルコやブラジルを含む80カ国以上で出版されている。SLR Productionsは、ドイツのZDF Enterprisesと共同で、6 – 9歳の児童向けに、全26話 (各30分) のテレビアニメーションシリーズを制作する。オーストラリア国内の放送はNINE Networkが担当する。

3. 新作アニメーションコメディ「My Big Red Head」

WN057

ロンドンを拠点とするLupus Filmsは、配給会社Tricon Kids & Familyと共同で、Disney XD EMEAと共同制作する可能性がある全52話 (各11分) の8 – 12歳向けアニメーションシリーズ「My Big Red Head」の制作を発表した。本シリーズは、アメリカのペンシルベニア州グリーンスビルに住む、父のBubがカオスモンスターで3人の子供達が半獣半人であることを除いて多くの点で普通の家族に見えるMayhems一家の、愉快な日々を描く。

4. ディズニー・ピクサーが「パイパー」の新規画像を公開

WN058-1

ピクサースタジオの新作短編映画「パイパー」(監督: Alan Barillaro監督、プロデューサー:Marc Sondheimer) は、お腹を空かせたイソシギの幼鳥が、浜辺まで出て初めて自分で餌を摂ろうとする姿を描いた作品だ。イギリスでは、2016年7月29日劇場公開の「Finding Dory」との同時上映となる。

WN058-2

WN058-3

5. BRIDGING THE GAP – 13プロジェクトを選出

Bridging the Gap – Animation Labが、7月18日から23日まで、スペインのバレンシアで開催される第2回目となるイベントに参加するプロジェクトを発表した。下記の13作品が選ばれた。

[長編作品]

「The Other Shape」by Diego Felipe Guzmán (Colombia)

「Wings」by Tim Argall (Lithuania)

「Faery」by Angcoy Crisologo (Philippines)

「ALMI」by Tewodros Kifle (Ethiopia)

「Elsewhere」 by Ward Saleh (France/Siria)

[シリーズ作品]

「Jail」by Catalina Vásquez (Colombia)

「Chakay, Crossing the Bridge」by Daniel Jacome (Ecuador)

「Dinosaurs in the sky」by Amanda Richardson (United Kingdom/Brazil)

「My name is Peligro」by Juan Valbuena (Venezuela/Panama)

「Raffi」by Santiago O´Ryan & Ricardo Villavicencio (Chile)

「Berks」by Javier de la Chica (Spain)

「Villains Campus」by David Colomer (Spain)

「The Wind-ups」by Irene Chica (Spain)

6. アヌシー2016特集をお楽しみに

第40回アヌシー国際アニメーション映画祭が6月13日から18日まで開催され、85カ国から9,153名の登録参加者を数え (2015年と比較し10.3%増)、映画祭期間中500作品が上映された。同時開催された国際映画見本市(MIFA)だけでも、2,800名の登録参加者 (2015年と比較では4.5%増) で、過去12年間で最高記録の参加者数となった。既に開設済みのアヌシー2016特設ページにて、特別インタビューなど編集部取材記事を順次公開予定。お楽しみに。

Previous post

第40回アヌシー国際アニメーション映画祭: 2016年受賞作品

Next post

「Waiting for the Butterflies」