2
Shares
Pinterest Google+

フランスのトゥールーズ市にて9月13日から16日までCARTOON主催の第27回Cartoon Forumが成功裏に開催された。Cartoon Forumは、欧州のアニメーションシリーズに特化した唯一のピッチイベントとして、第1回が開催された1990年から現在までに680を超える作品の制作費として合計 23億ユーロ獲得することに貢献してきた。

Cartoon Forum 2016では5%の参加者増など依然として強い成長が認められ、プロデューサー、投資家、放送局、バイヤー、そして、定額制動画配信サービスのNetflix、Hopster TV、Toon Gogglesなど、38カ国から 950人を超える参加者が集まった。バイヤーの人数は260名に上り、主要なバイヤーには、France Télévisions、The Walt Disney Company、Super RTL、CANAL+、BBC Children、KI.KA、TF1、Lagardère Active、NRK、M6、TVC、ZDF、LTV、Nickelodeon、RTÉ、SVTそしてSky UKが顔を揃えた。

記者会見では、イギリスのEU離脱に関する質問が出た。CARTOONは引き続きイギリスのアニメーションスタジオを歓迎したいと考えているが、実際にイギリスのアニメーションスタジオがどの様な影響を受けるかについては、現時点ではまだCARTOONにも分からないとのことだった。

cartoonforum2016_16
cartoonforum2016_17

Cartoon Forum 2016の統計

1. プロジェクト

CARTOONが選考した22カ国からの80プロジェクトのピッチが行なわれた (この中にはゲスト国のカナダと韓国のプロジェクトも含まれている)。80プロジェクトの予算の総額は3億30万ユーロ (プロジェクト平均380万ユーロ) で、プロジェクトの合計放送時間 は482時間に達した。

半分以上のピッチがクロスメディア展開を考えているが、CARTOONは、欧州ではまだクロスメディア展開への投資獲得は難しく、クロスメディア展開はビジネスとして成り立つ初期段階と捉えている。

2. 国別プロジェクト数

フランス 26 ポーランド 3 イタリア 1
イギリス 9 韓国 3 ラトビア 1
アイルランド 8 ブルガリア 2 リトアニア 1
ベルギー 4 カナダ 1 マケドニア 1
ドイツ 4 クロアチア 1 オランダ 1
スペイン 4 デンマーク 1 スウェーデン  1
フィンランド 3 エストニア 1
ハンガリー 3 ギリシャ 1

3. 対象オーディエンス別プロジェクト数

児童1 46 58%
就学前児童2 21  26%
10代 / 青少年3 8 10%
家族 5  6%

1: 児童: 6-8歳向け33プロジェクト、9-11歳向け13プロジェクト
2: 就学前児童: 4-5歳向け20プロジェクト、2-3歳向け1プロジェクト
3: 10代/青少年: 12-15歳向けプロジェクトを含む

4. フォーマット別プロジェクト数

5分以下 10 13%
6-10分 25  31%
11-15分 35 44%
20-25分 5  6%
26分以上 5  6%

5. 制作技術別プロジェクト数

2Dアニメーション4 45 56%
3Dアニメーション5 16  20%
2Dと3Dのハイブリッド6 15 19%
その他7 4  5%

4: 2Dコンピュータ、Cut-out、Drawing、Painting、水彩、実写、ストップモーションとのハイブリッドを含む
5: 3Dコンピュータ、実写とのハイブリッドを含む
6: 2Dコンピュータ、3Dコンピュータ、Drawing、ストップモーション、Cut-out、CelActionとのハイブリッドを含む
7: Drawing、ストップモーション、Cut-outのプロジェクト

6. クロスメディア展開

全体の52%にあたる42プロジェクトが、オンライン、携帯端末、タブレット、ビデオゲームなどの異なるプラットフォームで配信するクロスメディア展開を検討している

発表されたプロジェクトのTrailers

人気上位の10プロジェクト

発表された80作品は、いずれもジャンル、絵柄に多様性があり、ヨーロッパのアニメーションシリーズの豊かさを示していた。全体的に、フランスの企画の人気が目立ち、人気上位 2作品はフランスで、それにアイルランドからの2作品が続いた。ピッチへの参加者が多かった人気プロジェクト10作品は、以下の通り。

cartoonforum2016_31.『Kung Fu Brothers』(Millimages, フランス)
Runes_12.『RUNES』(Les Armateurs, フランス)
cartoonforum2016_43.『Snoozeville』(JAM Media, アイルランド)
cartoonforum2016_54.『Creepers』(Giant Animation, アイルランド)
cartoonforum2016_65.『Mr. Magoo』(Xilam Animation, フランス)
Toby_Alone_16.『Toby Alone』(Tant Mieux Prod, フランス)
cartoonforum2016_77.『Enchanted Sisters』(Cyber Group Studios, フランス / The Jim Henson Company, イギリス)
cartoonforum2016_88.『The Wind-Ups』(Leonstudio, スペイン / Autour de Minuit, フランス)
Love_Passion_And_A_Pontiac_Bonneville_19.『Love, Passion and a Pontiac Bonneville』(Pixies Cinema, フランス)
Vanille_110.『Vanille』(Folimage Studio, フランス / Nadasdy Film, スイス)

青少年向け作品への関心の高まり

青少年向けプロジェクトのうち、以下の3作品は特に人気を博し、ピッチ会場が満席になって立ち見が出た。こうした参加者からの関心の高まりは、青少年向け市場の可能性を示し、放送局が今後開拓していける市場とも捉えられる。

Love_Passion_And_A_Pontiac_Bonneville_1『Love, Passion and a Pontiac Bonneville』(Pixies Cinema, フランス)
cartoonforum2016_9『Manivald and the Absinthe Rabbits』(Chintis Lundgreni Animatsioonistuudio, エストニア / Adriatic Animation, クロアチア)
cartoonforum2016_8『The Wind-Ups』(Leonstudio, スペイン / Autour de Minuit, フランス)

新進気鋭のスタジオによる注目作品

Cartoon Forumの特徴の1つは、Cartoon Movie (アニメーション映画のピッチイベント)と同様に、スタジオの大小に関係なく、作品制作の次の段階に向けたプロジェクト発表の機会が得られることだ。今回のCartoon Forumでは、下記の新進気鋭のスタジオによるプロジェクトが注目を浴びた。

cartoonforum2016_11『Ernest & Rebecca』(Media Valley, フランス)
Mouse_Mansion_1『Mouse Mansion』(Zooper Film, ドイツ / Rubinstein Pictures, オランダ / Grid Animation, ベルギー)
cartoonforum2016_12『The Three Little Super Pigs』(Fourth Wall Creative, イギリス)
Toby_Alone_1『Toby Alone』(Tant Mieux Prod, フランス)

Cartoon Connectionを通した協力関係の強化

本年度は全部で4作品のCartoon Connection受賞プロジェクトがピッチを行い、中でもカナダの『Snowsnaps』は9つもの共同制作の申し込みを受け、J.Bugsによる『Slow Slow Sloth NEUL』も参加者からの関心が高かった。Cartoon Connection CanadaならびにCartoon Connection Asiaの成果が目に見える形となって現れてきている。

cartoonforum2016_18『Snowsnaps』(CarpeDiem, カナダ)
cartoonforum2016_20『Bellboy Luke』(Anyzac, 韓国)
cartoonforum2016_19『Slow Slow Sloth NEUL』(J.Bugs, 韓国)
cartoonforum2016_25『Tori and Her Hair』(Tori Design, 韓国)

アイルランド特集

Cartoon Forum では初めてとなる1カ国を取り上げた特集を行なった。本年度はアイルランド特集。アイルランドには23を数えるアニメーションスタジオがあり、1,600人の雇用を生み出している。アニメーション分野は、アイルランド国内の映像・オーディオ産業の1/3を占めており、アニメーション制作本数は年々増加している。

クロワッサンショー (毎朝、午前中のピッチセッションで発表される全プロジェクトのTrailerがまとめて上映される) でアイルランドのアニメーションスタジオの紹介動画が上映されたり、最終日のアイリッシュ夕食パーティーなど、本年度のCartoon Forumでは、随所でアイルランドのアニメーションに触れることができた。

アイルランドからのプロジェクトでは、以下のプロジェクトの注目度が高かった。

cartoonforum2016_13

cartoonforum2016_21『Alva & the Trolls』(Kavaleer Productions)
cartoonforum2016_5『Creepers』(Giant Animation)
cartoonforum2016_22『Peek Zoo』(Igloo Films)
cartoonforum2016_4『Snoozeville』(JAM Media)

Cartoon d’OrならびにCartoon Tributes

The Cartoon d’Orは、ヨーロッパの短編作品に授与され、ヨーロッパのテレビアニメーション業界に貢献した放送局、投資家、配給会社、プロデューサーには、Cartoon Tributesが授与される賞である。共にCartoon Forum期間中に受賞発表が行なわれた。

cartoonforum2016_15

Cartoon d’Orの受賞作

『Yùl and the Snake』by Gabriel Harel

cartoonforum2016_14

Cartoon Tributesの受賞者

放送局オブ・ザ・イヤー: M6 (フランス)
プロデューサー オブ・ザ・イヤー: Autour de Minuit (フランス)
投資/配給オブ・ザ・イヤー: Cake Entertainment (イギリス)

次回のCartoon Forumは、2017年9月12日から15日までに開催される予定だ。

才能ある若手の育成

CARTOONは、次世代を育てる取り組みにも積極的だ。まず「コーチングプログラム」、そしてもう1つ「Cartoon Springboard」がある。両プログラムともに、自分自身のプロジェクトを企画することが奨励される。Cartoon Forum 2016では、「Cartoon Springboard 2015」から選ばれた下記3作品が発表機会を得た。

cartoonforum2016_23『Planet Z』(Pyjama Films, フィンランド)
cartoonforum2016_24『The Piracy of Princess Priceless』(Adriatic Animation, クロアチア)
cartoonforum2016_8『The Wind-Ups』(Leonstudio, スペイン)

コーチングプログラム

学生向けにアニメーション業界や自身のプロジェクト立ち上げへの挑戦などについてトレーニングを行なうプログラムだ。本年度はトゥールーズ市の6校から参加した70名の学生と教師、そして、アイルランドの2校から8名の学生が参加した。

Cartoon Springboard

次回のCartoon Springboardは、2016年11月15日から17日に開催される。Cartoon Springboardは、若手にアニメーションプロジェクトを業界人の前で発表する機会を与え、どのようにプロジェクトを改善するか、映像デジタル市場への参入方法などについて助言を得ることができる。

Cartoon Springboardの詳細は、以下のリンクを参照 (英語)。

Cartoon Springboard, 2016年11月15日-17日、Halle市 (ドイツ)
http://www.cartoon-media.eu/cartoon-masters/cartoon-springboard.htm

Previous post

2016年9月5日~18日

Next post

2016年9月19日~25日