0
Shares
Pinterest Google+

ヨーロッパのアニメーションシリーズの共同制作フォーラムである第27回Cartoon Forumが9月13日から16日にかけて開催される。期間中、新規アニメーションシリーズのプロジェクト発表に加え、Cartoon d’OrならびにCartoon Tributesの授賞式が行われるが、両賞のノミネート作品が発表された。尚、Cartoon d’OrとCartoon Tributesの授賞式は、9月15日(木) の20時からフランスのトゥールーズで開催される。

Cartoon d’Or

The Cartoon d’Orは、ヨーロッパの短編映画の監督達をプロモーションし、彼らに業界のプロフェッショナルに出会う機会を提供することを目的にした賞で、Cartoon Forumと提携しているアニメーション映画祭にて賞を受賞した23作品の中から5作品が審査員によって選ばれてノミネートされた。

受賞式では、Cartoon Forumに一堂に会しているアニメーション業界のプロフェッショナルの前でノミネート作品が上映される。受賞作品には、Creative Europe – MEDIAのサポートのもと、10,000ユーロが贈られる。また、フランスのOccitanie地域 とPyrénées-Méditerranée 地域も授賞式のスポンサーになっている。

The Cartoon d’Or ノミネート作品

wn112

『Alike』
監督: Daniel Martínez Lara & Rafa Cano Méndez
制作: Daniel Martinez Lara & La Fiesta P.C.
(スペイン)

wn113

『Machine』
監督: Sunit Parekh
制作: Sunit Parekh
(デンマーク)

wn114

『Peripheria』
監督: David Coquard-Dassault
制作: Autour de Minuit & Schmuby Productions
(フランス)

wn115

『Under your fingers』
監督: Marie-Christine Courtès
制作: Vivement Lundi ! & Novanima
(フランス)

wn116

『Yùl and the Snake』
監督: Gabriel Harel
制作Production: Kazak Productions
(フランス)

Cartoon Tributes

Cartoon Tributesは、テレビアニメーション業界に多大な良い影響を与えた会社や個人に授与される。Cartoon Forumに出席しているプロフェッショナルが、ノミネートされている会社や個人に会場で投票する。Toulouse市 とToulouse MétropoleがCartoon Tributesの授賞式のホストを務める。

今年は、合計で15の会社と個人がノミネートされ、4ノミネートのイギリスと5ノミネートのフランスで過半数を占めている。また、今回は、初めて、ラトビアの放送局、Latvian Television (LTV) がノミネートされた。LTVは、教育的な要素を持ち、冒険が一杯で楽しく、視聴者が想像力を豊かにして前向きな人間になれる、 2歳から11歳向けのプログラムに興味を持っている放送局である。LTVが最近放送権を取得した作品には、『Space Racers』、『Woodlies』、『Maya the Bee』 、そして『Yakari』がある。

Cartoon Tributes ノミネート作品

放送局オブ・ザ・イヤー

– Latvian Television (ラトビア)

– M6 (フランス)

– Nickelodeon International (イギリス / アメリカ)

– RTÉ (アイルランド)

– Sveriges Television (スウェーデン)

投資/配給オブ・ザ・イヤー

– Cake Entertainment (イギリス)

– francetv distribution (フランス)

– NeweN Distribution (フランス)

– Penguin Random House (イギリス)

– Studio 100 Media (ドイツ)

プロデューサー オブ・ザ・イヤー

– Autour de Minuit (フランス)

– Creative Conspiracy (ベルギー)

– Cyber Group Studios (フランス)

– Dansk Tegnefilm (デンマーク)

– Framestore (イギリス)

Previous post

Cartoon Forum 2016: 注目作品

Next post

2016年9月5日~18日